2018.12.04 Tuesday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2018.12.04 Tuesday

    【ファンタスティックビーストと魔法使いの旅】感想は?

    0

      JUGEMテーマ:洋画

      【ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅】の感想です。

      今上映中の「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」を見る前にもう一度見たかったので動画で視聴しました。

      ファンタスティックビースト 動画 無料

      ハリポタシリーズが大好きで全作読破しているのでこの作品は当初楽しみにしていました。
      ファンタビもシリーズ作品なので、魔法の旅は全体の中の導入です。だから自己紹介、魔法動物や魔法界の紹介でもあり、それを退屈だと思う人もいるでしょうね。退屈だなーとぼーっとしていると、あれ?なんだっけ?と話が見えなくなるので、ぼーっと観ていては細部を理解できなくなるので要注意ですよ。(*^_^*)

      ハリポタの中で、魔法飼育学を魔法動物とその生息地の教科書で勉強していたので、その本がどのような人物にどのようにして書かれたかを知れることは、ハリポタファンとして嬉しかったです。魔法史のバチルダさんが出てきた時と同じように、この人なんだ!と感慨深く。
      魔法動物を正しく理解し、正しく保護してほしいという思いは、確実に現代魔法界に伝わっていますし、ハグリッドの様子を見たらニュートはとっても喜ぶだろうなと思いました。

      また、魔法が使えることで酷い目にあうのは、程度の差こそあってもハリー自身と同じですよね。
      ハリポタの中で、ダンブルドアとグリンデルバルドの関係は気になる記述だったので、それを今後掘り下げてくれるのも楽しみです。
      レストレンジや死の秘宝のペンダントなど、そこここにハリポタの中のワードが散りばめられていて、上映中の作品がより楽しみになりました。
       

      ちなみに、黒い魔法使いの誕生の方は、1920年代のパリと魔法のファンタジーの世界という、好きな人はかなり好きな世界観です。映像もすごくきれいですよ!(^^♪
       

      2018.10.10 Wednesday

      松坂桃李 娼年 感想!見てよかった!

      0

        JUGEMテーマ:邦画

        松坂桃李の「娼年」の感想に、

        つまらない・・・というのがあるようですが、

        私はそうは思いませんでした。

        今回はそんな、松坂桃李の映画「娼年」の感想やあらすじをご紹介します。

         

        松坂桃李の「娼年」の感想

        この映画は、松坂桃李の挑戦を観れた作品でした。
        内容がすごすぎて、違う意味で笑うほど・・・。

        期待を裏切るほどの、松坂桃李の演技と、演出。

        あとは、様々な快楽が観れてよかった・・・。

         

        服を着てるとどこか暗く憂いを帯びてるのに、脱いだら豹変するのがスゴイ。
        最後の方になるにつれて顔がイキイキしてくるし、松坂桃李の演技にはびっくりしました。
         

        なんか、最後の方、愛の渦っぽいな・・・と思ったら同じ監督だったんですね。
        人によって受け取り方が色々あるかもしれませんが、観て損はないと思いますよ。

         

        あらすじ

        主人公は、森中領(もりなかりょう、通称:リョウ)。

        大学生活にも退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。

        リョウの中学校の同級生で、ホストクラブで働く田島進也

        (たじましんや、通称:シンヤ)がある日、

        ホストクラブの客として訪れた女性を、リョウの勤めるバーに連れてきた。

        女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。

        恋愛や女性に「興味がない」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。

        それは、静香がオーナーである秘密の会員制ボーイズクラブ、

        「パッション」に入るための試験であった。

        最初こそ戸惑ったが、「娼夫」として仕事をしていくなかで、

        女性ひとりひとりの中に隠されている欲望の不思議さや奥深さに気づき、

        心惹かれ、やりがいを見つけていくリョウ。

        「女性は退屈だ」と言っていたかつての姿が嘘のように、

        どんな女性の欲望も引き出し、彼との時間を過ごすことによって、

        彼を買った女性たちは自分を解放していく。

        やがて静香に対しても想いを寄せるようになるのだが・・・。

         

        キャスト・スタッフ

        出演

        (森中領(リョウ))

        松坂桃李

        (御堂静香)

        真飛聖

        (咲良)

        冨手麻妙

        (平戸東(アズマ))

        猪塚健太

        (恵)

        桜井ユキ

        (田島進也(シンヤ))

        小柳友

        馬渕英里何

        荻野友里

        佐々木心音

        大谷麻衣

        監督

        三浦大輔

        原作

        石田衣良

        音楽

        半野喜弘

        脚本

        三浦大輔

        製作

        小西啓介

        松井智

        堀義貴

        木下暢起

         

         

        松坂桃李が入口になったおかげで「こういう世界もあるんだ・・・」

        くらいは思った世の女性が何万人もいるはず・・・。

        内容が内容だから迂闊に人におすすめ出来ないけど、

        松坂桃李の顔の為に観て損は無い作品です。
        裸になるとパーツの良さが如実に分かる!!

        娼年 松坂桃李 映画 無料フル

         

        2018.07.30 Monday

        コードブルー 映画の感想は?!

        0

          JUGEMテーマ:邦画

          「劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」を観てきました!

          感想を綴りますので参考にしてくださいね。

           

          コード·ブルーはドラマでは見ていたのですが、

          映画はドラマとは違った感動の内容作品になっていて、

          最初から最後まで感動しました!

           

          ここからネタバレが含まれるので閲覧注意です。

           

          映画は、すごくリアルな設定で、

          特に雪村先生とお母さんの話が感動しました。
          また、藍沢先生たちの一言一言が心に響いたな・・・。
          でも、面白い部分も少しあってよかったです。
          最後は冴島先生と藤川先生が、

          ハッピーエンドで終わって、嬉しかった〜。
          最初から最後まで、涙が止まらず、涙腺崩壊でした。
          コード・ブルーは大好きなので、終わってしまうのはすごく悲しいけど、

          10年間の集大成として映画で終われたことはよかったと思いました。
          コード・ブルー最高ですよ!

           

          コード・ブルー映画の概要

           

          山下智久と新垣結衣らの共演で、リアルな医療・災害・事故現場の描写や主人公たちの成長と絆の人間模様を描き、2008年7月の放送以来、連続ドラマ3シリーズ、スペシャル版1作品が放送された人気テレビドラマを映画化。舞台は17年に放送された3rdシーズンで描かれた地下鉄トンネル崩落事故から3カ月後。東京湾を運行していたフェリーが濃霧の影響で海ほたるに衝突し、さらに成田空港でも異変が生じる。未曽有の連続大事故現場から藍沢たちに出動要請が入る。藍沢役の山下、白石役の新垣、戸田恵梨香、比嘉愛未、浅利陽介といった10年間シリーズに参加したレギュラー陣のほか、テレビ版から続投の安藤政信、椎名桔平、劇場版から参加する新田真剣佑、かたせ梨乃、山谷花純らが出演。

          PR
          アクセス解析
          hulu
          Selected Entries
          Categories
          Archives
          Recent Comment
          Links
          ブログランキング


          ブログランキング

          にほんブログ村 テレビブログへ
          にほんブログ村
          Profile
          Others
          Powered by
          30days Album
          無料ブログ作成サービス JUGEM